軌道馬車

メインストリート花時計前広場噴水を一周していた。
下の写真の1枚目はスクリューコースターが登場した1978年頃の写真で
馬が外され、胴受けが上向きになった貴重な写真。
現在はフランジ用の溝を埋められたレールのみが残る。
メインストリートの中間点辺りに行き違い用のポイントがあるが、
マシーンが見当たらないので、バネ式の片側固定だったと思われる。

軌道関係
軌道総延長 531.66m 軌道延長 490.18m(6番分岐4組を含む)
レール幅 700mm 車両側の軸間688mm
レール規格 12kgレール 分岐は片バネ式6番ポイント
昭和36年5月20日完成 大●土木工業株式会社担当 

写真は1986年の下水工事を含むリフレッシュであらわになった軌道。
コンクリートの下に鉄製の枕木がひかれているのがわかる。


軌道は2017年度解体、撤去済み

軌道跡のみとなった晩年の姿

業務用に撮影された写真から昭和50年代の姿
大勢のお客を乗せ、にぎわいを見せている