ホーバークラフト(エアカー)

未来の国にあったホーバークラフト。
別の名をエアカーとも言い、スペースライナーの駅の下から発車していたようで
アンティークカーのあった付近にそのスロープ跡が見られる。
未来の国らしい乗り物ではあるが、結局客を乗せる事は一度も無かった。
筐体の製造は大●アルミニューム堺工場が担当し
エンジンは Continental Aircraft Engine,Model 0-300A と言う
145HPのセスナ172用エンジンを搭載していたと記録にある。