みさき公園のシンボル的存在ですが近付く事すら出来ません

動物園の奥、タイダルフェーブ(急流すべり)裏の山の頂上にあります。
本来の灯台としての役目はしておらず、夜になっても光りません。あくまでも観光用です。
内部は資料館のようになっており、他の灯台のレンズなどが展示されていました。
その資料は貴重ゆえに里帰りしたものもあります。
開園当初は灯台に向う乗物はありませんでしたが、1964年にスピードラインと呼ばれる動く歩道が完成
翌年の1965年には観覧車のあるスポーツセンターと呼ばれる向かいの山との間にロープウェイが完成しました。
後にスピードラインは姿を消し、1980年代に入るとロープウェイも姿を消しました。
2001年ごろには、ペアーリフと呼ばれる2人乗りのリフトが完成し、園内はもちろん、晴れた日には明石海峡まで
見渡せるとあって好評でしたが、ペアーリフトが短命に廃止、徒歩のみ向える状態が続きました。
現在では老朽化もあり周辺への立ち入りが禁止されています。

参考文献 失われたロープウェイさんのページ(みさき公園ロープウェイ)






観光灯台

動画でもご覧頂けます