パノラマトンネル

外周列車の終盤に位置し、アメリカ大陸横断鉄道建設の際の先住民との争いを模した人形が
追いかけてくる。この争い自体は実話で、列車を焼き討ちにされたり、頭の皮を剥がされたとの
記録もある。よく見ると中に戦車が2台紛れている。
入口には”佐保山隧道”との表記があり、進行方向逆サイドの出口には何の記載も無い。

パノラマトンネルを出る”弁慶号” 外周列車撮影の名所だった。




動画編はこちらです